漂えど、沈まず。

文化系税理士 佐藤 龍 のブログです

奈良県立美術館「ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡」

これ、ホント行きたいんだけどなあ……やっぱり無理そうです。 このイベントを知ったのは朝日新聞の記事。 探したけど、ネットには上がってないみたいですね。 ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 日常生活そのものを芸術化 産業革命を背景に発…

「資本金1億円以下」の意味。

久しぶりにいいコラムに出会いました。 実務上、資本金は1,000万円、1億円が分水嶺。 惻隠さん、本職は大学教員か何かですか? このコラムを読んだ学生、きっといいゼミ発表しますよ。

【追悼】村上”ポンタ”秀一様。

ショックです。 書きたいことがありすぎてまとまりません。 とりあえず今夜は一晩中ポンタさんを聴きます。 同じようにポンタさんの死を悼む人の何かの役に立つかもしれないので、 PLAYLISTの記録を。 まずは吉田美奈子さんの『FLAPPER』。 【Amazon.co.jp限…

2021年度(令和3年度)税制改正大綱は、「緊張感なき税制改正」である、まさしく。

遅ればせながら、2021年度(令和3年度)税制改正大綱について、朝日新聞の記事、「経済気象台」から。 同じ感想をもたれた方、多いのではないでしょうか。 うん、たしかに小粒な改正でした。 (経済気象台)緊張感なき税制改正 (朝日新聞、2021年1月5日) …

経済学とは、「希少性の処理」をめぐる研究である。(佐伯啓思)

12月26日の朝日新聞の記事から。 佐伯啓思先生のこの連載、好きなんです。 「朝日新聞がわたしに連載を任せるなんて」と、たしか連載開始の時にご本人が書かれてました。そうだよね、この両者は思想的に違う方向をみているように感じていました。そのギャッ…

「近畿の法人所得は8年ぶりに減少」、とのことです。(朝日新聞から)

やはり、影響は深刻なんです。 近畿法人税所得 8年ぶり減 朝日新聞 2020年、12/1 大阪国税局は30日、近畿2府4県の法人が対象となる法人税の申告結果(2019年度)を発表した。申告件数は47万3955件で、申告所得の総額は前年より9.6%減の10兆1064億円となった…

【新型コロナ対策】あしなが奨学生に20万円

コロナ対策関係です。 イギリスでは、こんな深刻な状況がハフポストで記事になっています。 いわゆる「ナイナイ岡村発言」が現実になった、と言えるかもしれません。 ただ、これはある程度予想できたことでもあるわけで、公的な支援の告知と、それにアクセス…

「整理券」配布で実施、各地の確定申告書作成会場。

実施するのかどうか心配してましたが、今年もやるみたいですね。 ちなみに、税理士法人水無瀬野のある島本町では、唯一の会場であるふれあいセンターでの実施は見送られました。今年は島本町での確定申告書作成会場はありません。

「誠治はいい子です」 亀田誠治師匠をつくった母の愛。(朝日新聞 一語一会)

「師匠」こと亀田誠治さん、大好きです。 プロデューサーとしても、ベーシストとしても。 まさに「名プロデューサー=名ベーシスト」説の好例ですよね。 【一語一会】肯定に包まれ 自身で考える (音楽プロデューサー 亀田誠治) ■ 誠治はいい子です 数々の…

(朝日新聞 経済気象台 11/3)令和2年の年末調整は大変だ。

いやあ、本当ですよ、今年の年末調整は悩ましい。 そもそも年末調整(と給与からの源泉徴収制度)は問題点がよく指摘されるところです。 年末調整が多くの会社の事務負担になっていることや、従業員の個人情報の保護の問題などでしょうか。 かといって、わた…