漂えど、沈まず。

文化系税理士 佐藤 龍 のブログです

「進化」の系譜学(Genealogy)。佐藤良明、『ラバーソウルの弾み方』

今日は備忘録です。 本棚の整理をしていたら、こんな本が出てきました。 ラバーソウルの弾みかた ビートルズと60年代文化のゆくえ (平凡社ライブラリー) 作者: 佐藤良明 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2004/02/10 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商…

TASCHEN(タッシェン)のハガキを出すときはご注意! ハガキにはサイズの決まりがあります。

15.4 cm × 10.7 cm。 これ、何のサイズかわかりますか? 郵便はがきの「最大」サイズです。 ちなみに、「最小」サイズは 14.0 cm × 9.0 cm。 62円で届けるには、このサイズ内でないといけません。 封書の場合、重さによって82円から92円、定形外料金になるの…

【追悼】京アニ放火事件に寄せて

なんと痛ましい事件であることでしょう。 京アニ放火事件について、わたしは多くの人々と同じく、悲しみを表現することしかできません。加害者のことも、被害者のことも、冷静に考えることができません。 『ハルヒ』、『けいおん』はいわずもがな、多くの京…

「親子マネー講座 with ことばキャンプ」(7月28日(日)@ 高槻市立総合市民交流センター)

1週間後の28日(日)開催予定のセミナーです。 佐藤が講師を務めます。 ことばキャンプ高槻教室・京都四条教室(主宰:原 理恵 先生)とのコラボで、セミナーというよりもイベントとして、親子で参加してもらえたらと思っています! 今回のこのイベントに即…

【2019(初夏)東京行⑤】バローロ、シラーズ、フロンサックの旅。(御茶ノ水・飯田橋)

2019年の東京出張、夏の陣、5回目の記事。 今回で終わりにできるといいのですが。 さて、学士会館での食事を終え、次に会うのが今回の旅で会う最後の友人。 高校からの友人で、かなりの数寄者です。 気の置けない友人である一方で、文化的な方面では気を抜…

【2019(初夏)東京行④】バローロ、シラーズ、フロンサックの旅。(神田・御茶ノ水)

東京行、4回目です。 今回は神田と御茶ノ水という文化的な街です。 さて、祖母の家を出て、神田、神保町にやってきました。 目的地は学士会館。 ここのレストランかカフェで、旧友とランチの約束です。 どちらにするかは当日決めることになっていましたが、…

【2019(初夏)東京行③】バローロ、シラーズ、フロンサックの旅。(坂戸・若葉)

東京への旅、3回目です。 いやあ、それにしても密度の濃い2日間でした。 翌日の18日は、朝のうちに祖母の家を出て、文化の街、神田、御茶ノ水へ。 最寄り駅までは公営のバスを使う必要があり、出発の時間まで少し時間が会ったので、沿線をぶらぶらと歩きま…

【2019(初夏)東京行②】バローロ、シラーズ、フロンサックの旅。(南浦和 ~ 坂戸)

昨日の続きです。 新宿でしこたま友人たちと呑んだ後、南浦和の別の友人が経営する美容室へ。 仕事の話をしながら、手が入っていない夏の庭の雑草のように伸び散らかしたわたしの頭を刈り込んでもらいました。 ヘアスタイルもファッションであり、流行は循環…

【2019(初夏)東京行①】バローロ、シラーズ、フロンサックの旅。(池袋、新宿)

先日、仕事とプライベート半々で東京出張に行ってきました。 このブログには、あまり日記的な内容のことは書かないようにしているのですが、この出張があまりにも素晴らしかったので、書き留めておくことにします。 今回興味深かったのは、この弾丸東京行が…

ふるさと納税の2つの道、泉佐野市 千代松市長と小池都知事。

問題です。 6月からの「新」ふるさと納税制度、対象外とされるのはどこでしょう? これ、最近わたしが周囲の人によくする質問です。 大阪府の泉佐野市はすぐに挙がりますね。 この新制度の筆頭、つまり総務省と真っ向から対立する泉佐野市の市長、千代松大耕…