漂えど、沈まず。

文化系税理士 佐藤 龍 のブログです

「整理券」配布で実施、各地の確定申告書作成会場。

実施するのかどうか心配してましたが、今年もやるみたいですね。


確定申告会場、整理券配布へ

朝日新聞、2020年12月1日)

国税庁は来年2月に始まる2020年分の確定申告で、税務署などの申告会場で手続きを希望する人に「入場整理券」を配り、入場者数を調整する方針を固めた。全国で400万人近い人が訪れる会場は「密」になりやすく、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されていた。

 整理券は時間帯ごとに人数の上限を設け、特定の時間に入場者が集中することを防ぐ。当日に申告会場で配られるが、オンラインでの事前入手も可能にする。

 今年2月に行った19年分の確定申告では、通常は1カ月とされている申告期間をさらに1カ月延長。会場で申告した人は、電子申告の利用者が増えたため前年より減ったものの、最終的には381万人に上った。

 

国税庁のお知らせはこちら。

 

ちなみに、税理士法人 水無瀬野 のある島本町では、唯一の会場であるふれあいセンターでの実施は見送られました。今年は島本町での確定申告書作成会場はありません。そのため、近隣の高槻会場などは混雑が予想されます。

準備は早めに、そして郵送や電子申告などの方法もご検討ください。

 

この非常事態に備えて、今年は水無瀬野も「訪問確定申告」のサービスを予定しています。

 

 

f:id:Auggie:20201207060647j:plain

 

密を避け、お互い感染しない/させないよう気をつけましょう。

 

f:id:Auggie:20201207060201j:plain